彼岸花

終盤の必至の手筋を分かりやすく解説したりしてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

玉頭を抑える手筋 実戦編

hss1.jpg

玉頭を抑える手筋の実戦編です。
第一図は三手必至です。
まず目につくのが▲5二銀打と実戦では打ちたくなります。
ですがそれは△3二玉と逃げられてしまい
これ以上攻めることが難しくなります。
今までの手筋を応用するためには玉頭に空間をあければいいことは
気づくのは難しくないと思います。


hss2.jpg

第2図は今までの手筋を実現するための捨駒です。
これは取らなければ▲5二銀成で一手詰
△9二飛と受けても▲5二銀打で三手詰となります。

ですのでこの桂は取るしかありません。


hss3.jpg

△同歩と桂馬を取り▲4三銀打ちが実現して
完全な必至となります。
受けるとすれば△9二飛くらいでしょうが
▲5二銀打ちと打って簡単な詰みです。

実戦で役に立ちそうにないと思うような手筋でも
必至の形を知ることで必至の形に近づける方法が分かるようになります。
強くなるには定跡を覚えるのもいいですが


終盤の手筋をたくさん覚えることも大切です。
終盤力が高ければ少しくらいの不利な形勢もひっくり返すことができます。
では今回はこれで終了となります。
ありがとうございました。
スポンサーサイト

玉頭を抑える手筋2

hs1.jpg

第1図は一手必死です。
これも前回と同様に玉頭にさらに拠点を作ることが大切です。
間違って▲5二銀打ちとすると上部に逃げられて絶対に必至がかかりません。

現在勢力が少ない右辺に駒を置くのが正解となります。


hs2.jpg

正解図では▲4三銀と押さえ必至となります。
△9二飛には5二銀打ちまで。
△4一玉や△6一玉には頭に銀を打って詰みとなります。
ただし▲5三銀と押さえつけると必至がかからなくなります。


hs3.jpg

第2図は間違えて▲5三銀と縛りをかけた局面です。
ただしこの場合は△4一玉と逃げられ
さらに右辺に逃げられないように
▲3三銀と更に縛りをかけても
△に1二飛と受けられて必至がかからなくなります。


hs4.jpg

失敗図以降は▲5二銀成△同飛▲同玉と精算されて
飛車一枚で必至を掛けることができなくなります。
こんなの解説されても実戦じゃ玉の周りに駒とかいっぱいあるんだから
こんなの覚えても意味ねぇだろぉが!
と思う方もいると思うので
次の必至の解説は実戦での応用問題を解説したいと思います。
では、今回はこれで終了となります。
ありがとうございました。

玉頭を抑える手筋

2011-05-24a.jpg


第1図で必至を掛ける為に
まずは拠点を作らないといけません。
この局面で桂で王手などをすると
上部が広すぎて玉を捕まえることができません。

ここでの必至の掛け方は
▲2三銀が正解となります。


2011-11-20.jpg

正解図以下は△2二金に▲3三桂と打ち
△同金は▲2二金
△3一玉は▲4一金までの詰みとなります。


2011-11-20c.jpg

参考図を見ると簡単に詰んでいることが分かると思います。
ただ、第1図で▲2三金では必至にはなりません。


2011-11-20a.jpg


△2二金の受けに▲3三桂には△3一玉と逃げられ
▲4一金と打てなく失敗となります。
どの駒を残すべきかを判断するようにしましょう。
実戦では詰みの段階に入る前に必ず必至を掛けていく段階があります。
詰将棋を解くのもいいですが、強くなる為には
必至の掛け方も覚えておかないといけません。

さまざまな必至の掛け方をこれから解説していきます。
では、今回の解説はこれで終了となります。
ありがとうございました。

角の使い方

2011-11-20b.jpg

詰み手順で打歩になるので角をうまく使い
打歩を打開してください。
答えはコメント欄に載せておきます。

思い出の対局

多分、今から6年前の対局だったと思います。
この対局から2ヶ月くらいで将棋はやめてしまいました。
将棋、久しぶりに覚えなおしてるのでこれから頑張って
強くなっていきたいと思います。
では、最初の棋譜をお楽しみ下さい。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。