FC2ブログ

彼岸花

終盤の必至の手筋を分かりやすく解説したりしてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

玉頭を抑える手筋2

hs1.jpg

第1図は一手必死です。
これも前回と同様に玉頭にさらに拠点を作ることが大切です。
間違って▲5二銀打ちとすると上部に逃げられて絶対に必至がかかりません。

現在勢力が少ない右辺に駒を置くのが正解となります。


hs2.jpg

正解図では▲4三銀と押さえ必至となります。
△9二飛には5二銀打ちまで。
△4一玉や△6一玉には頭に銀を打って詰みとなります。
ただし▲5三銀と押さえつけると必至がかからなくなります。


hs3.jpg

第2図は間違えて▲5三銀と縛りをかけた局面です。
ただしこの場合は△4一玉と逃げられ
さらに右辺に逃げられないように
▲3三銀と更に縛りをかけても
△に1二飛と受けられて必至がかからなくなります。


hs4.jpg

失敗図以降は▲5二銀成△同飛▲同玉と精算されて
飛車一枚で必至を掛けることができなくなります。
こんなの解説されても実戦じゃ玉の周りに駒とかいっぱいあるんだから
こんなの覚えても意味ねぇだろぉが!
と思う方もいると思うので
次の必至の解説は実戦での応用問題を解説したいと思います。
では、今回はこれで終了となります。
ありがとうございました。
スポンサーサイト

コメント:投稿

  • URL
  • コメント:
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL

http://bloodymary515.blog.fc2.com/tb.php/10-5c78fa73
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。